· 

椿森コムナへ行くには階段のない裏道ルートがおススメ!

 

 

椿森コムナ

  • バリアフリー度・・・★
  • 交通利便性・・・★★    
  • トイレ事情・・・★

  >> 椿森コムナ公式HP


 

論より証拠でまずはこちらをご覧ください。

 

エントランス@椿森コムナ

さすがはコムナ。噂にたがわぬ洒落たエントランス

階段@椿森コムナ

しかしこの階段がー!!


そうなんです。

本日ご紹介の「椿森コムナ」は、とってもいい場所なんですが、たどり着くのが大変!

 

駐車場がないので、千葉駅か千葉公園駅から歩いて行くのですが、千葉モノレールに沿った「最短ルート」だと断崖絶壁が待ち構えています。

 

蹴上が高く、踏み幅の狭い階段(=断崖絶壁)。これを手直しするわけにもいかないので、本日は「裏道ルート」を撮影してきました。


千葉公園前交番

千葉モノレール「千葉公園駅」を降りると正面に交番が

目印の漢方薬

踵を返して交番の反対方向、黄色い漢方薬の看板を目指します

漢方薬看板の脇道(裏道ルート)をしばらく直進

多肉植物ハウス

道中には多肉植物に覆われた家があったり

建築家ハウス

カッコいい玄関の設計事務所があったり

曲がり角

「コーポ青葉」と「注意徐行」が目印です!


「漢方薬」のビルから数百メートル(200~250m)で「コーポ青葉(アパート)」と「注意徐行(看板)」が右手に。そこを右折して細道を進みます。

 

「注意徐行」の看板からほんのちょっと(50~100m)でもう一度、細道を右折すると、目的地の椿森コムナに到着。

 

裏道ルートの場合、ほぼ平地のままたどり着くことが可能です。


ツリーハウス

インスタ映えするツリーハウスが2棟

トレーラーハウス

常設のトレーラーハウスが1台

トイレ

トイレの入り口が...(またまた難易度やや高し)


椿森コムナは2015年にできました。

 

そのころ私は、弁天や椿森に行く機会が多く、オープン当初のコムナに立ち寄ってはハーブフランクのラップサンドを食べていました。これがウマいのなんの!

 

今回は裏道ルートをたどり、界隈の建築物に魅了されました。昭和の建物には味がありますね~。

 

ちなみに、椿森コムナは拓匠開発が運営しています。

 

千葉の文化をリードする両者から目を離せませんね。引き続き、近くへ行った際は立ち寄りたいと思います!