· 

脳トレーニング体験講座は千葉県発のサービスです!

 

 

一般社団法人なのはなシニアサポート

  • 千葉市中央区富士見2-9-13 WTC千葉富士見ビル4F
  • 電話:043-306-5847
  • フリーダイヤル:0123-331-206

  >> なのはなシニアサポート公式HP


 

難攻不落の「小田原城」へは行けませんでしたが、

 

夕方の首都圏を雷雨が襲った8月27日、

 

神奈川県小田原市で、一般社団法人なのはなシニアサポートの「脳トレーニング体験講座」があり、私もいち会場スタッフとして参加(お邪魔)してきました。 

 

JR小田原駅

インバウンド向きな「小田原駅」

 

小田急線箱根登山線

旅心をそそります

 

北條早雲

500年前、この地を駆けた北條早雲公


 

旅行気分はここまでで…。

 

本日の会場「おだわら総合医療福祉会館」へ急ぎました。

 

山王川

会場は、小田原厚木道路と山王川がちょうど交差する風靡なところに

千葉市ハーモニープラザ

立派な「おだわら総合医療福祉会館」


 

脳トレーニング体験講座は、タブレットを使った出張型の体験講座で、社団法人なのはなシニアサポートが開催する「千葉県発」のシニア向けサービスです。

 

すでに全国400会場以上で開催し、ここ最近は神奈川県での開催が増えています。

 

本日も、100名のシニアが大集合!

 

脳トレーニング体験講座の様子

お仲間と、学んで笑って、あっという間の楽しい90分


 

タブレットを触ったのは初めて!という方が圧倒的に多いです。

 

ご自宅がインターネット環境にある方は3分の1くらいでしょうか。

 

スマホユーザーは10人にひとり?

 

そのような参加者構成のもと、

 

タブレットの持ち方から始まり、ホームボタンの押し方、タップやドラッグといった簡単な操作方法をまず最初にご説明。

 

その後、写真を撮ったり脳トレゲームをしたりして、90分は、本当にあっという間に過ぎてしまいます。

 


 

今後、タブレットの使い道は増えて行くでしょう。

 

IoT(モノのインターネット)により家電と連動し、生活が快適になる。

 

シニアにとって、難しすぎたら縁遠いものになってしまうので、メーカーの開発者には英知を振り絞っていただきましょう。

 

特に「介護」の面で、タブレットにはもっともっと活躍してもらわないと。

 

この千葉県発の「脳トレーニング体験講座」が、認知症予防や、高齢者の情報弱者化を防ぐことに一役買っているのであれば、それはとてもうれしいことです。

  

以上、本日の「千葉あれこれ」でした!