· 

あなたの町の社会福祉協議会にはどのようなサービスがありますか?

 

 

先日、知人のケアマネージャーと雑談中に「引き出し」の話になりました。

 

「介護保険サービスは、自己負担額が少ないとはいえお金がかかる。だから『引き出し』として、いざというときに利用者に薦められる『良質な無料サービス』を、常にアンテナを張って探している」と。

 

 

フォーマルサービス(公的)と、インフォーマルサービス(民間/ボランティア)のちょうど中間に位置する「社会福祉協議会」には、複数の無料(無償)サービスがあり、ケアマネージャーはもちろん、市民にとってなくてはならない存在です。

 

自分が暮らす地域の社会福祉協議会には、どのようなサービスがあるのか。

 

これは、把握しておいた方が良さそうなテーマですね。

 

サービスの入り口であるホームページをさっそく調べてみました。

 

社会福祉協議会ホームページの特徴

 

千葉県54市町村の社会福祉協議会、見やすいホームページには共通の特徴がありました。

  1. 事業別(サービス別)項目がある
  2. 福祉カテゴリー別項目がある

この2点はとても重要で、見づらいホームページは、パッと見たときにこれらの特徴がすぐに見つからないものがほとんどでした。

 

 

まず、「タイプ1」の代表的な見やすいホームページをご紹介します。

 

次に、「タイプ2」の見やすいホームページ代表例です。

 

 

見やすいホームページの要素を備えつつ、今のネット社会(PCからスマホへ=レスポンシブwebデザイン)に最も適応しているのは四街道市社会福祉協議会でしょう。

 

トップページに「新着情報」コナーがあり、ブログのように頻繁に更新していることが分かります。SNSにもしっかりと対応しているので、市民が、社会福祉協議会をより身近な存在として利用できます。私も見習わないと!

 

 

以下に、ぜひご紹介しておきたい特徴ある社会福祉協議会をいくつか...

 

【便利な「活動ガイド」あり】

 

【充実のおたすけ隊活動】

 

【貸出がとても豊富】

 

車イスの貸出サービスひとつとっても、無料のところ有料のところ、各社会福祉協議会によってそれぞれ違います。

 

市民は、少しでも便利かつ有効なサービスを利用したいし、社会福祉協議会は、1人でも多くの人に便利かつ有効なサービスを使ってもらう使命があります。

 

 

見やすく分かりやすいホームページを媒介に、双方良好な関係を築けるといいですね!