· 

千葉市の土気(とけ)周辺は観光資源の宝庫です!

 

 

千葉駅から電車で約20分。

 

土気(とけ)周辺は、観光資源がとても充実しているのをご存知ですか?

 

本日の千葉あれこれでは、「千葉市 昭和の森」「ホキ美術館」「昭和の森フォレストビレッジ」の3か所をご紹介します。 

 

 


千葉市 昭和の森


  • バリアフリー度・・・★★
  • 交通利便性・・・★
  • トイレ事情・・・★★
  • 千葉市 昭和の森
昭和の森

 

昭和の森には何度お世話になったことか。

 

近隣住民の多くは、子どもの自転車練習をここでやります。

 

長いローラー滑り台があります。ロープタワーがあります。1日中、遊び倒すことができます。

 

まだガーデニアイーストがあったころは、ここで遊んで「ボッカ ボーナ」へランチを食べに行くというのが定番コースでした。

 

 


ホキ美術館


  • バリアフリー度・・・★★
  • 交通利便性・・・★
  • トイレ事情・・・★★★
  • ホキ美術館
建物正面から@ホキ美術館

 

昭和の森とは徒歩で行けばお隣さんですが、車で行くとぐるっと遠回りしなければなりません。下の緑の看板を目印にしてください。

 

道標@ホキ美術館
いざホキ美術館へ
壁の道@ホキ美術館
入り口@ホキ美術館
館内へ@ホキ美術館

 

館内は撮影禁止なので悪しからず。

 

 

ホキ美術館は、日本初の写実絵画専門美術館です。

 

2~3年に1回くらいでしょうか。私の場合、前回行ったのを忘れたころにホキ美術館を再訪するといったルーティーンです。

 

そしていつも、「若い作者」の作品にエネルギーをもらって美術館を後にします。

 

 


昭和の森フォレストビレッジ


道路からの入り口@昭和の森フォレストビレッジ

 

ナビがないとちょっと不安な入り口です。坂道でしかもカーブと、通り過ぎる可能性大のロケーションです。ゆっくり安全運転でお入りください。

 

ゲート@昭和の森フォレストビレッジ
宿泊棟@昭和の森フォレストビレッジ
ラウンジ@昭和の森フォレストビレッジ
フットサルコート@昭和の森フォレストビレッジ

 

昭和の森フォレストビレッジは、「千葉市ユースホステル」と言えば懐かしい方も多いのではないでしょうか。

 

旧千葉市ユースホステルから施設の運営を引き継ぎ、2014年4月にリニューアルオープンしたのがこの「昭和の森フォレストビレッジ」です。

 

キャンプやBBQはもちろん、スポーツ合宿や研修合宿等に利用できる、素晴らしい施設に生まれ変わりました。最高じゃないですか、このフットサルコート!

 

運営に関しては株式会社R.projectのサイトをご覧ください。若者たちが頑張っています。

 

 


 

土気エリアは車じゃないとちょっと移動し辛いので、何れも交通利便性の★印は1つですが、船橋や千葉などの中心部から1時間以内でこれだけの自然環境の中、キャンプやBBQができる場所はなかなかありません。

 

何よりもこのエリアに来ると元気になる。そんな環境、観光資源が集まっています

 

 

最後にオマケを。

 

かの有名な「チバリーヒルズ」がこの土気エリアにあります。

 

 

正式名称は「One Hundred Hills」。

 

この豪邸群を創ろうと思った、バブルという「時代のエネルギー」にただただ感動してしまいます。

 

 

それではみなさん、機会があったら土気・昭和の森エリアでエネルギー・チャージをしましょう!