· 

利根川沿いに「道の駅 発酵の里こうざき」あり

 

 

神崎と書いて「こうざき」と読む、千葉県香取郡神崎町。

 

人口は約6,000人。町の広報では、地元中学校の運動会にて、おそらく騎馬戦の大将同士ががっちり握手を交わす写真が表紙を飾るような、長閑な町。

 

その利根川沿いに「道の駅 発酵の里こうざき」はあります。

 


道の駅 発酵の里こうざき


道の駅 発酵の里こうざき

新鮮市場、ファミリーマート、発酵市場、レストランが連なる

 

セスナ機@発酵の里こうざき

目を引くセスナ。かつては熊本博物館で展示されていたとのこと

 

発酵市場@発酵の里こうざき

「発酵市場」はどれも欲しくなるような商品がズラリ

 

レストラン オリゼ@発酵の里こうざき

道-1グランプリじゃらん賞を受賞したレストラン オリゼ

 

レストラン オリゼ@発酵の里こうざき

本日いただいたのは発酵定食(950円)

 

東京タワーに昇って眼下を眺めると、東京の街並みがミニチュア模型のように見えたことはありませんか?

 

ここ「道の駅 発酵の里こうざき」のすぐ横には利根川が流れています。

 

あたり一面、広くて、開放的で、東京タワーのときとは逆の意味で、自分がミニチュア模型(人工物)の中でポツンと立ち尽くしているような錯覚に陥ります。

 

何しろ、すべてのスケールがデカいんです。

 

首都圏中央連絡自動車道

首都圏中央連絡自動車道は環状線なので、まっすぐ行けば神奈川の茅ケ崎へ

 

筑波山を望む

茨城側に筑波山を望む

 

利根川に掛かる送電線

利根川をまたぐ送電線が印象的

 

神崎町は海から約50km
圧巻の送電線
電力が茨城と千葉を結ぶ

 

 

道の駅から神崎神社へサイクリングというのも楽しそうです。2km弱なのでゆっくり歩いて行くのも良し。

 

駐車場から本殿に行く道中、坂道なのでどうしても階段を避けられませんが、車が通れる道も一応あります。

 

神崎神社
神崎神社
神崎神社 なんじゃもんじゃの木

国指定天然記念物「神崎の大クス(なんじゃもんじゃの木)」

 

 

神崎神社のすぐ裏には酒蔵「寺田本家」が控えています。

 

寺田本家と言えば「五人娘」。

 

そして、発酵やオーガニックの世界では、寺田本家が主催する「お蔵フェスタ」は超有名なイベントですね。

 

寺田本家
寺田本家と言えば五人娘

 

国道356線を下ってお隣の香取市へ行けば、道の駅「水の郷 さわら」もあります。

 

利根川沿いの道の駅には、ちくら潮風王国など海沿いの道の駅とはまた一味違う「雄大さ」が漂います。

 

発酵の里こうざきでエネルギーチャージ、おすすめです!