· 

稲毛海浜公園の顔、花とマラソンとプールにグランピング加わる!?

 

 

花とマラソンとプール。

 

そこへ新たに「グランピング」が加わり、どのようにスケール・アップするのか今から楽しみな「千葉市 稲毛海浜公園」を本日はご紹介します。

 


千葉市 稲毛海浜公園


千葉の財産ですね!【vol.5】

全景その1~三陽メディアフラワーミュージアム
全景その2~三陽メディアフラワーミュージアム

 

民間企業がテコ入れしたフラワーミュージアムは、集客に創意工夫を凝らしていました。インスタ用にあちこち撮影場所を作り、色々な催し行い、施設内はしっかりと小ぎれいさを保っていて。

 

5~6人の女性グループ、母娘(おやこ)、そしてシニア夫婦と「ハロウィーン」を楽しむお客さんで賑わっていました。三陽メディアフラワーミュージアムはさすが、稲毛海浜公園を代表するコンテンツのひとつですね。

 

撮影スポット

脇に衣装が置いてあり、皆さんそれを着て記念撮影

 

2階展示室
図書室

図書室もあり

 

2階より1階を望む
ベランダガーデン
温室
レストラン

本日は施設内レストラン、Fiore(フィオーレ)にてパスタを

 

 

続いては「マラソン」です。

 

稲毛海浜公園を代表するもうひとつの顔、マラソン。

 

ぐるっと1周5kmの公園は格好のランニングコースであり、様々なレベルのランナーが思い思いに汗を流していました。

 

大会も複数あるので、ぜひエントリーしてみては!?

 

ランニングコースその1
ランニングコースその2

 

 

3つ目の顔は「プール」ですが、当サイトの読者層にはやや縁遠い?ので割愛させていただきます(笑)。充実しているこちらのページでご確認ください。

 

 

その他、稲毛海浜公園ならではの写真をいくつか。

 

発酵市場@発酵の里こうざき
発酵市場@発酵の里こうざき

奥にBBQスペースあり

 

発酵市場@発酵の里こうざき
発酵市場@発酵の里こうざき
稲毛ヨットハーバー

ヨットハーバーもあるんです!

 

茶室 海星庵

茶室もあるんです!

 

発酵市場@発酵の里こうざき
発酵市場@発酵の里こうざき

 

公園やテーマパークは施設の老朽化がつきものです。稲毛海浜公園も使わなくなった施設、生まれ変わる施設と新陳代謝を繰り返し、検見川地区には「THE SURF OCEAN TERRACE(ザ・サーフ オーシャンテラス)」なるおしゃれなレストランまでできました。

 

そして、新たなリニューアル予定として、グランピング施設、温浴施設、宿泊施設の開設やプール改修を控えているそうです。

 

コンセプトは、

 

「人間の五感を通して、社会に必要な知識や体験を『気づき』として提案できる公園」

 

とのこと。

 

この公園で遊び、数々の思い出とともに大人になり、そして歳を重ねたのちにまた稲毛海浜公園に戻ってくる。

 

それは子育てのときかもしれないし、マラソンをしにかもしれないし、老後の寛ぎの際かもしれないし。

 

人生の傍らに、大好きな公園があるというのは素敵なことですね。

 

発酵市場@発酵の里こうざき

 

稲毛海浜公園の「今後」がますます楽しみです!!